上手くなるコツは、脳と身体の連携?(2012-05-14)

先日、すごく久しぶりに仲間とダーツバーに行きました。



全然、狙った場所に当たらないドへたくそなんですが
DVDで見ていた投げ方を思い出してから狙ったところに当たるようになりました。

ブル(的の中心)にガンガン当たる訳ではないのですが
かなり思ったところに飛んでいく感じです。

その後、細胞活性ストレッチの実技セミナー後のランチで
トライアスリートの方が細胞活性ストレッチを取り入れてから
身体の微妙な変化が感じ取れるようになっているという
お話をしてくれました。
 
それを聞いて思いついたのですが考えてみると細胞活性ストレッチは、
使っていない筋肉に刺激を入れるため動いた事のないような動きをします。

やった事のない動きは、 脳に神経回路が出来ていないので
なかなか上手く身体を動かすことができません。

しかし、 細胞活性ストレッチを続けていることで
脳と身体の連携が上手く出来る様になっていたのでダーツを
全然やってもいないにもかかわらず上達したという仮説を思いつきました。

やりながら、正確な投げ方を思い出したということもあると思います。

・・これの仮説が正しければ、どんなスポーツでも
細胞活性ストレッチで脳と神経の連携を強化していけば、
どんどん上達していく可能性があるのではないかと思いました。

ダーツに関しては、もう少し練習すればもっと上手くなる気がするので
たまにはやってみようかなぁと思っています。

 

 細胞活性ストレッチの選び方


■ 自宅のパソコンでセラサイズが体験できます!【セラサイズTV】

セラサイズTV
【セラサイズTV】は、表参道セラサイズスタジオで行われたストレッチ映像をそのままインターネットで見ることができる月額制サービスです。セラサイズTVは初月無料!まずは、無料でご体験ください。

コメントはまだありません»

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ