セラサイズ 購入 体験日記

表参道で【ヤムナ・ボール・メソッド】

表参道駅の改札を入ると究極のストレッチという
文字と共にド派手な看板が目に入りました。

へー、ヤムナ・ボール・メソッドだそうです。

初めて知りました。

ヤムナ・ボール・メソッド

どうやら、ザ・トレーシー・メソッドを発売されていた
マガジンハウスが仕掛けるているようです。

どうやらボールを使うノウハウのようですね。


公式サイトの説明によると

独自のボールを使い、「骨・筋肉」を適度に刺激します。
深く呼吸をしながらボールの上に自分の体重をかけるだけ。

とのこと、今までのアメリカンなハードなメソッドは違うのかな?


まあ、究極のストレッチというのは、
我が日本、この表参道にあると自分は思っています。

それこそがセラサイズ(by 細胞活性ストレッチ)理論です。

 

細胞活性ストレッチ【セラサイズ(CELLACISE)】


イチロー、シアトル・マリナーズからヤンキースに電撃移籍(2012-07-24)

イチロー選手がシアトル・マリナーズから
ヤンキースに電撃移籍しました。

イチローも大リーグ12年目ですでに38歳。

年齢的にまだ大丈夫なのか?

という思いは誰にもあると思いますが
彼は、まだまだやってくれると思います。

その理由は、イチローが取り入れている
「初動負荷トレーニング」にあります。

※ 上記動画に一部トレーニングの映像があります

器具を使うトレーニングなので筋トレと一見似ているのですが
筋トレのような筋肉を肥大させて筋肉を大きくするさせるのではなく、
自然な負荷を与えることで肉体への負担をかけずに
しなやかで弾力性に飛んだ身体を作れるトレーニングなのです。

筋トレをはじめて、故障ばかりになった清原選手を見ても
筋トレはスポーツ選手にとっては、残念ながら 致命的な
トレーニング方法といえるでしょう。

ビルダッシュ投手も最近は、トレーニングに筋トレを
取り入れているということなので 内容はわかりませんが
今後、故障するのではないかと不安だったりします。

ともあれイチロー選手が長い間、大リーグの一線で活躍できている
一つの要因が「初動負荷トレーニング」なのは間違い無いと思います。

初動負荷理論にはこんな効能があります

●神経・筋機能(相反神経支配、反射)の促進。
●代謝促進(力の発揮)を高めながらの関節可動域の拡大、そして強制的な 血圧上昇、心拍数上昇が少なく、心血管系の負担が小さく、乳酸等の疲労 物質の産生が少なく、老廃物の除去速度が速い。
●靭帯損傷、骨折等の早期回復の顕著性。オスグッド病等からの早期回復。
●脳血管障害の回復。
●血糖値の安定性。

初動負荷理論とはより引用


まさに本当に素晴らしいトレーニング方法なのですが取り入れるのには、
高価なトレーニング機器がいるのでなかなかやってみたくても
できないというのが実情なのではないかと思います。

しかし・・

実は初動負荷とほぼ、同じ効果をもたらすにもかかわらず、
機器も時間も使わずに効果的な運動をする方法があります。

それを可能にしたのが小川清貴氏が考案した
「細胞活性ストレッチ理論」から 誕生した「セラサイズ」です。

「セラサイズ」は、「細胞学」の見地から少ない動きで
最大の負荷を与えることが考えられてた運動理論です。

身体が動かなくなっている方から現役のアスリートまで
老若男女を問わず楽に続けられて、全く新しいエクササイズなのです。

初動負荷をやってみたいけど、諦めている方は、
ぜひ 「セラサイズ(by細胞活性ストレッチ理論)」をお試しいただければと思います。

 

細胞活性ストレッチ【セラサイズ(CELLACISE)】


脳幹出血、脳卒中、脳梗塞などで突然死したくないあなたへ(2012.07.16)

先日、歌手の桑名正博さんが脳幹出血で倒れたことがニュースとなりました。

桑名正博35周年BEST「Masahiro Kuwana Tracks on」

飲酒中に突然倒れられたそうで、桑名さんは
普段から血圧が高めだったそうです。

高血圧は、サイレントキラーと呼ばれていて、自覚症状はないけれども
血管に強い圧力がかかっているので血管が加齢などでもろくなっていると破れやすくなり、
脳梗塞や脳卒中など血管系の危険な病気を突然発生させやすいのが特徴です。

年齢が高くなるとある程度、血圧が上昇するのは自然なことではありますが
血圧が高めと言われている人は、特に注意が必要です。

 

なお、予防策としてセラサイズ(by細胞活性ストレッチ)は、
血圧を下げる方法として最適な運動としておすすめできます。

セラサイズ・スタジオでは、セラサイズを実践している会員さんが
毎回、データを取るために血圧測定をしているのですが
運動をしているにもかかわらず、80%近い人が血圧が下ります。

 

これは、身体の血流の流れが良くなり、
血管にかかる圧力が軽減するからだと思われます。

しかも、激しい運動ではないので運動を禁止されている
高血圧の人でもできるのが特徴です。

 筋肉が活性化してくるのでどんどん元気にもなります。

・・自分が死ぬ事もわからない脳の血管系の病気から自分を守るためにも
セラサイズ(by細胞活性ストレッチ)のBasicを是非、あなたの習慣としてください。

 

 【高血圧】に効果がある細胞活性ストレッチ


ジーンズでストレッチ(2012-07-15)

先日、表参道にあるセラサイズ・スタジオに細胞活性ストレッチの
「初級」を受けに行ったのですがいつも運動時に履いている
スエットを忘れてしまいました。

あーっ、「初級」なのでジーンズではキツイかなぁ・・

と思ったのですが なんの問題なく、
ジーンズですべての動きができてしまいました。

開発者の小川さんが「私服でも出来るのが売りです」と
言ってましたが 本当であることを実感しました。

さすが、最小限の動きで筋肉に最大の負荷をかける
理論を元に作られている動きです。

私服でやっているのにいつものように十分な運動ができました。

考えてみると私服で十分な運動ができるジムとか、
スタジオって 他にない気がします。

そういえば、先日浴衣で参加された
女性がいたそうですよ(笑)


運動習慣こそ、身体にも脳にも効く万能の薬

図書館で「あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法」を借りました。

基本的には、脳の話ですが作者の方は、40代でジョギングを始め、
その経験から得た、運動の話も多く書いてあります。

ちなみに人は、30歳をピークに 「最大酸素摂取量」が
ほぼ年に1%ずつダウンするそうです。

この「最大酸素摂取量」が高ければ高いほど、
身体に持久力があることになります。

「最大酸素摂取量」の低下を抑えるのに効果的なのが運動で
低下を抑えることができれば、脳の衰えを最小限に抑えられるそうです。

つまり、運動習慣があれば老化を押さえ、
身体も脳も若くいられるってことです。

20〜30代ではなかなか老化を感じる事はないでしょうが
運動習慣を身につけるのは早い方が良いですし、
50代〜60代の方でも遅いということはありません。 

逆に考えれば50代〜60代でほとんど運動習慣のなかった方こそ、
激しい運動をしなくても十分に運動効果があるセラサイズ(by細胞活性ストレッチ)」が
科学的にも最適な運動だとおすすめできます。

運動習慣はストレスを軽減させ、不眠も肥満も解消できる
万能の薬であると作者さんは、語っています。

自分は、40代で「セラサイズ」という
最高の運動理論を習慣として身につけることができました。

運動が身体に良いというのは、わかっていても出来ない人が
ほとんどだと思うので非常に幸運なことだと思っています。


次のページ »