細胞活性ストレッチのデメリット


無駄なので最低3分の運動を一週間続けられない人は購入しないでください

「細胞活性ストレッチ」のデメリットは、「継続」をしなくてはならないと言う事です。

細胞が変化し、身体が活性化していくにはある程度の時間がかかるので最低一週間は続けてもらう必要があります。当たり前なのですがどんなトレーニングやダイエット法もそうですが 「継続」をしていく事が最低条件になります。



残念ながら、自分で行動を起こさないで健康になる方法などは、この世には存在しません・・・とは言っても「細胞活性ストレッチ」は最低3分から行う事が可能です。

めんどくさい場合には、各ストレッチの回数を3回ぐらいに減らして行っても十分に効果が現れます。とにかく、少しでもいいので毎日刺激を入れる事が重要です。

また、身体の活性化すると数日やらなくても大丈夫な身体になっていきます。そういう意味では、「細胞活性ストレッチ」は、簡単で継続しやすい運動理論と言えると思います。


ハードな動きは無いので老若男女、誰にでも出来るのもポイントです。

 

 細胞活性ストレッチ公式サイト


正しい動きをしないとただの「体操」になります

「細胞活性ストレッチ」のデメリット【その2】は、 正しい動きをしないと効果が半減することです。

「細胞活性ストレッチ」は普段動かない動きをすることで 細胞に刺激を入れていきます。ですので普段の生活では使わない筋肉を使うよう考えられているので腰をロックして体を動かしたり、頭を動かさずに腕を動かしたりと、ちょっとしたコツが必要になります。

これは、マニュアルやDVDではわかりづらい部分があり、 マニュアルを購入された人でも体験セミナーでインストラクターと 一緒にやると「自分でやっていたのとは全然違います!!」と おっしゃる方が多かったりします。都内近郊でセミナーに来れる方は、一度、インストラクターの 指導のもと体験されることをお勧めします。

 しかし、地方の方はなかなかそれも難しいと思いますので 現在作成中の新マニュアル及びDVDではそれも改善される予定です。※ 新マニュアル及びDVDは何らかの形で既存のユーザーさんのお手元に届くものと思います。

また、「細胞活性ストレッチ」はライセンス制度も展開しているので 今後は、地方で体験ができるようになる可能性もあります。現在、ライセンスを持っている施設については、公式ページの 「細胞活性ストレッチを採用している医療施設、コーチ 」を ごらんください。


 細胞活性ストレッチ公式サイト


あなたは、整体や病院で身体の不具合が改善されましたか?


「細胞活性ストレッチ」
のデメリット【その3】は、効き過ぎるということです。

これは、「細胞活性ストレッチ」を導入したユーザーのデメリットではなく、 どちらかと言うと開発者である小川清貴さんのデメリットです。

もちろん、その人の身体の状態にもよりますが整体や病院でも治らなかったような腰痛や身体の不具合が“ポン”と良くなってしまうことが多く、実技セミナーに毎週通っていた人も来なくなってしまうということがよくあります。

治っちゃうんですよね。

商売的な観点で見ると身体の症状はなかなか治らないほうがいいわけですが「細胞活性ストレッチ」は改善してしまうことが多いのです。

 

 細胞活性ストレッチ公式サイト


【当サイトオリジナル特典】ボーナスストレッチ+1&初級セミナー受講券プレゼント