【高血圧】に効果がある細胞活性ストレッチ

「細胞活性ストレッチ」の実技セミナーでは、
必ずストレッチの前に血圧計で血圧を測定してもらっています。

出来るだけデータを取って科学的にやりたいという
「細胞活性ストレッチ」開発者である小川氏の意向なのですが
一年以上のデータの蓄積で驚くべき結果が出ています。

運動後なので測定すると血圧が上がる人もいるのですが
たいていはストレッチ後に血圧が下っているのです。

専門機関で臨床実験が行われてた訳ではないのでそのメカニズムの
詳細は、わからないのですが「細胞活性ストレッチ」をすると
全身に刺激が入り血流の流れが良くなります。

その効果で血管が緩み、強い圧力がなくても血液がくまなく身体を
流れるので血圧が下がっているのではないかと推測されます。



また、高血圧の人は激しい運動は厳禁ですが 「細胞活性ストレッチ」は
激しい運動をせずに十分な刺激を身体に入れることができるため
高血圧で運動をしたい人には最適な運動理論なのです。

「降圧剤」は危険だと言われているので服用を考えている方や、
すでに服用している人はやめる為にもぜひ「細胞活性ストレッチ」を
ライフスタイルに取り入れていただければと思います。

筋肉が活性化する事で内蔵の機能がアップする事は
東大の研究でも確認されているので継続していただくことで
高血圧と一緒にそれ以外の身体の不具合自体も改善していく可能性もあります。

あなたは、これからの人生、降圧剤にかけるお金と
一生、使える運動理論とどちらを選ぶでしょうか?

 

 細胞活性ストレッチの科学的検証


【当サイトオリジナル特典】ボーナスストレッチ+1&初級セミナー受講券プレゼント