糖尿病の検査数値HbA1cが細胞活性ストレッチで改善

 

血液検査で糖尿病が“消えた”というデータが出ました

セラサイズ(by 細胞活性ストレッチ)には「糖尿病」版があります。

その「糖尿病」版のホームページには、「セラサイズ」で
糖尿病が改善されたことを証明する検査結果が掲載されています。

2型糖尿病運動は1日3分間で身体の機能を回復

(トップページにある「週に1回の実技セミナー参加で糖尿病が治った事例」よりご覧下さい)

 

これは、ホームページで詳しくは書いていませんが
セラサイズ(by 細胞活性ストレッチ)の開発者・小川清貴氏のお母さんの事例です。

3.11の震災で被災して、実家が津波で流され避難所暮らしをしていたのですが
小川氏が片道だけのガソリンで岩手まで車で行き、
なんとか 東京まで連れて帰ってきたそうです。

その時、すでにお母さんの身体はボロボロで
病院で血液検査すると9つも異常値が出ていました。

高血圧、高脂血症、糖尿病・・とかなりやばい状態。

そこで地元でやっていた「セラサイズ」の実技セミナーに
参加させたのと、毎日寝る前に覚えているものだけやらせたそうです。

そして10ヶ月後に再度、検査をするとおどろくべきことに
異常値が殆ど消えて一つだけになっていました。

一番驚いたのは、糖尿病の検査数値、 HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)の
数値が下がって正常に戻っていたことです。

6.4 ⇒ 5.2

ちなみに6.1%以上であればほぼ糖尿病と判断する数値です。

正常値は4.3〜5.8%なので 糖尿病が再検査の数値上では、
治っているということになります。

一度、発症したら治らないと現代医学では考えられている
糖尿病が「セラサイズ」を継続する事で改善している
証明といえるのではないでしょうか。

糖尿病の運動(ストレッチ)と言われているものはいくつがありますが
病状が改善する運動というのは他に例がないと思います。

これは、「細胞学」から導き出された細胞活性理論から
考えだされたストレッチだからといえます。

筋肉に適度な刺激を繰り返し与えて、細胞を活性化すると
内蔵機能も回復するという東大などの研究を「セラサイズ」が
証明したといえると思います。

・・自分自身で糖尿病を治したい、
インシュリンの注射をやめたい、
医者に運動しなさいと言われている人には朗報です。

ちなみに糖尿病版は、Basic(初級)と呼ばれているものより
ゆるい運動でつくられているものです。

「セラサイズ(by 細胞活性ストレッチ)」糖尿病版

糖尿病版に用意されているのはマニュアルのみです。

ある程度体が動く人や動画で見るためにDVD版が欲しい人は、
Basic(初級)でも問題無いと思います。

運動が出来ない人でも動ける内容になっています。

なお、当サイトでは特典もご用意していますので
是非ご利用いたたければと思います。

特典付きのご購入はこちら

東京近郊の方は実技セミナー割引券もご用意していますので
週1〜2回の運動をしていただくのが効果的だと思います。

細胞活性ストレッチ「実技セミナー」詳細

 


【当サイトオリジナル特典】ボーナスストレッチ+1&初級セミナー受講券プレゼント